とっても旨くて簡単で手軽に釣れる根魚を狙ってみよう!

市場にはあまり出回らない旨い魚がいるのはご存知でしょうか。
その多くは根魚と言われる、岩礁などの隙間に生息する魚で、網などでは獲れないために竿で釣るしかない魚ですので、まとまった数が獲れずスーパーなどではあまり見かけません。
実はこうした根魚は非常に美味で、岸からでも狙うことのできるので初心者の人でも釣ることのできる二つの意味で旨い魚なのです。

《狙う魚》
比較的簡単に釣れるのはカサゴです。
岸際で釣れるような場合、それほど大きくはなりませんが、20センチ前後ともなれば煮つけなどには十分な大きさです。カサゴは成長速度が遅く、一生を同じ地域で過ごすと言われているので、あまりに小さいサイズは離してあげましょう。メバルも一匹ヒットすれば同じ場所で次々と釣れるので、釣りやすい魚です。
また、カサゴよりもやや難しくなりますが、アイナメは岸から狙える根魚としては大きく、白身の美味しい魚です。

《場所と狙い方》
浜では難しいですが、岩場や岸壁、テトラのあるような場所ならほぼどこでも狙うことができます。「~海釣り公園」といった場所からでも十分に釣れるので、安全な場所から釣ることができます。
岩と岩の隙間などに隠れていることが多い魚なので、そうした隙間に仕掛けを滑り込ませるようにして釣るのがコツとなります。大きめの岩の下やテトラの隙間などは絶好の隠れ場所と言えます。足元で十分に釣れることが多いですが、足元が浅い場所の場合や反応が悪い場合、少し沖に投げて探ってやることも有効な手です。
狙い方としては、一か所で粘る釣りではなく、投げて反応がなければすぐ別のポイントに投げ、巻いてくるを繰り返す釣りになります。魚の反応が悪い場合、時折竿をしゃくりあげてエサに動きをつけてやることで魚を誘いだすことができます。

《仕掛け》
根魚というくらいなので根、すなわち岩場が釣り場となります。この岩場を攻める上でどうしても悩まされるのが根がかりです。
一般的に胴つき仕掛けと呼ばれる、おもりが一番糸の先端についている仕掛けを使用しますが、私は中通しおもりとハリス一本というシンプルな仕掛けを使っています。というのは、胴つき仕掛けだと投げる度に根がかりしてしまい、ストレスばかりたまるからです。
根魚釣りに根がかりはつきものなので、中古ショップなどで格安のおもりとハリスのセットを買いだめしておき、仕掛けはなくなるものと考えて釣ることが大切です。そして、根がかって仕掛けをなくしてもすぐにまたセットできる、できるだけシンプルな仕掛けがいいでしょう。 

《道具》
リールは小さめのスピニングリールで十分です。
竿は170cm~200cmもあれば十分ですが、投げ竿を使用するのは重すぎるので避けたほうが賢明です。メバル用や根魚用といった細くて軽めの竿が出ていますので、それを使用するのがベターでしょう。あまりに柔らかい竿を使うと、魚のアタリを感じることができないうえに、小さな外道の魚ばかり釣り上げてしまうことになるので、少し固めの竿でしっかりとアタリを感じながら釣ることで、集中力を保つことができ、楽しく釣ることができます。
ラインはナイロンラインで十分ですが、アイナメが釣れる冬などは非常に暴れる上に大きい魚なので、少し太めのラインを用意したほうがいいでしょう。
あとは根魚を狙う時は棘に毒がある魚が釣れる時があるので、刺されないように素手で触らずフィッシュグリップで仕掛けを外すようにします。
フィッシュグリップの使い方は難しくありませんし、高いものでもありませんので、フィッシュグリップはケチらず必ず用意しましょう。











ハピタス|募集|相互リンク|リンクjp|相互|