ブラックバスのスピナーベイト

秋場から冬場にかけて気温が下がってくると、いわゆる中層から低層にかけてがブラックバスの釣りおいては分がありました。

秋場などは、中途半端な感じで水温が安定しないので、中層付近を狙うことが多かったです。

無論最初からそれだけでブラックバスなどルアーで釣りに行くことは無いのですが、さまざまなタックルの組み立て方のひとつとして秋場は主流においてました。

スピナーベイトだと、一番のお気に入りというかヒットするものがボーマーのツインタンデムで、カラーはイエローでした。このカラーは、まずはずれは無かったです。

リールはアブの5000クラスに14ポンド~20ポンドを100mくらいまいて、ロッドは比較的長めの6.5~7フィートの少しバッドが固めのミディアムクラスを使ってました。

30メートルくらいキャストして一度底まで落としてから、あおりながら中層まで引いてくることが多かったですが、気温が低めの時などは、ワーム同様のアクションで、底をズル引きするような感じであおって引いてました。

このアクションだと、意外と反応がよかったです。

なまずや雷魚のヒットが多かったですが、たまにブラックバスもヒットしました。

魚がすれている時など、有効でした。