ナイロン&フロロカーボンラインの実力

最近のルアー釣りといえば、PEラインを使うことがほとんど。

より糸であるPEは細さと強度を兼ね備え、さらに伸度がほとんどないため、魚のアタリを確実にとらえることができます。

しかし、実はPEラインにも弱点があるんです!

一番の弱点と呼ばれるのは、擦れに弱く、根ズレで簡単にラインブレイクしてしまうこと。

根魚狙いよりも、磯から回遊魚を狙う際にラインブレイクが発生しやすく、リーダーを長くするなどしてある程度の対策は立てられるものの、やはり糸切れは避けられません。

もし磯からのポイントが比較的近いのなら、ぜひフロロカーボンラインをお試しください。

PEと比べて圧倒的に根ズレに強く、取り込める確率が増えると思います。

またメバリングやアジングなど、タダ巻きやフォーリングが基本となる釣りも、必ずしもPEが最高というわけではありません。

PEラインなら魚のアタリがかなりわかりやすいですが、それは魚にとっても同じです。

ほとんど伸びないPEは魚が違和感を感じやすく、あっという間にスレる原因となります。

一方のナイロンラインはアタリが取りにくいものの、魚は違和感なく食い付くことが多く、渋い状況下ほど力を発揮。

シチュエーションによってラインを使い分けることで、圧倒的に釣果が高まります。ぜひお試しあれ!